6月12日に全学生と教職員、そして学校飼育犬も参加して避難訓練を実施し、避難時における基本行動や避難経路の確認、そして迅速な避難行動をとおし、緊急時の備えと対応を学びました。

訓練は別館2階からの漏電火災を想定して開始。12時に非常ベルが鳴るとその後の校内放送の指示に従って近くの松江市立第三中学校グランドまで避難を行いました。

授業中だったので各コースは教科担当の先生の指示に従って避難。
飼育犬も犬の扱いに慣れた動物学科の学生に抱かれ、安心して避難することができたようです。

また、前回の避難訓練よりも避難にかかった時間を大幅に短縮することができました。各クラスで事前に行った防災学習により防災意識が高まっていたようです。

副校長先生による避難訓練後の講評では、火災に対してだけではなく、地震、原発災害に対しての備えや、就職活動などで慣れない地域へ出かけた際の備えについても話がありました。

今回の避難訓練をきっかけに、日頃から防災への準備と知識を深め、緊急時に適切な行動がとれるよう心がけたいものです。