新年あけましておめでとうございます。

本年もビジ専をよろしくお願いいたします。

冬休みも終わり、1月6日(水)にくにびきメッセで冬休み明け全体集会を開催しました。

全体集会は長期休校の前と後に実施している、全学生と全教職員が一堂に集まる行事で、校長先生の訓示や上級検定試験に合格した学生の表彰、社会で活躍されている方々の講演会などを行っています。
普段は学科やコースごとに学習している学生が全員集まることで、ビジ専の団結力や一体感を高める役割も果たしています。


校長訓示では林校長から「あなたはどんな大人になりたいですか」、「あなたはどんな社会人になりたいですか」という問いかけとともに新年の目標や在学中の目標について話がありました。



また、検定合格表彰も行われました。

ビジ専では各学科各コースでさまざまな検定試験に挑戦していますが、夏休み以降に上級検定試験に合格した学生を表彰し、みんなで祝福しました。



その後の講演会では、邑南町の町長である石橋良治様に「小さな町の大きな挑戦」という演題で講演をしていただきました。

邑南町は町の活性化への取り組みで全国から注目を集めている町です。平成16年の町村合併時から町長を務める石橋町長は、少子高齢化や過疎が進む邑南町を活性化させようと様々な政策を実行、リーダーシップを発揮し結果を出していらっしゃいます。
その手法や取り組み、考え方や想いをこれからの島根県鳥取県を支えていく本校の学生にお話しいただきました。
また最後には「百の理屈より一つの実践」、「至誠」という言葉を紹介していただき学生へ応援のメッセージを伝えていただきました。