[1年生]
先日行われた学園祭では、日頃の学習成果発表とし、医療事務コース1年生は妊婦体験コーナーを企画し、妊娠初期から出産後までの妊婦さんの症状や経過などをまとめ展示するとともに、妊婦体験コーナーを作り、臨月を迎えた妊婦体験を行いました。
妊婦体験コーナに訪れた方には、柔道着を着ていただき、お腹に7キロの砂袋を入れてエプロンをし、臨月の妊婦さんを体験していただきました。男女問わず参加していただき、男性の方からは「奥さんの大変さがわかった!」という感想などを聞くことができました。

[2年生]
医療事務学科では、毎年2年次に医院、歯科、調剤薬局などにインターンシップに出かけます!

↑こちらは小児科で受付体験をさせていただいた時の様子です!

小児科ではお母さんが複数のお子さんを一人で連れて来院されることや、小さなお子さんを抱っこしながら受付や会計をされることがあり、とても困難なことがあります。その中で、医療事務員の目配り気配り心配りなどがとても重要になり患者様に寄り添い、声掛けをしたり、こちらから待合室に行き受付をすることなども必要になってきます。実習を通して患者様への思いやりのある対応を肌で感じ、学ばさせていただくことができ良い実習になったようです!!


↓また、こちらはビジ専の先輩の元で実習をさせていただきました!(歯科医院、調剤薬局)

[実習を終えた学生のコメント]

今回実際に職場を見て、実習でしか分からないことや患者様への心配りの仕方など、とても勉強になり良い体験が出来ました。また、先輩方が優しく教えてくださり、私も先輩方のように仕事ができるようこれから頑張りたいと思います。


[最後に]
お忙しい中、実習を受け入れていただいた実習先の皆様、本当にありがとうございました。