頑張っている増本貴文さんを紹介します。
(H23年度卒業)

勤務先;隠岐農業協同組合(JA隠岐)

1就職のきっかけ
隠岐の出身であり、住民の皆様の生活の支えになるような仕事がしたいという気持ちが強かったの
で、様々な分野で支えとなれるJA隠岐を希望し、内定をいただきました。

2現在の仕事内容
購買・販売の分野を担当しております。また銀行の窓口のようなことや、牛の市場で牛を引っ張っ
たり、一日中車を運転していたり、パソコンに向かって事務をしたりすることもあります。
「お客様に信用してもらうこと」それが農協の仕事だと考えています。

3学生時代と異なる点
年上の方と話すことがかなり多くなります。当たり前のことですが「考えて行動すること」が学生
時代とは比にならないくらい重要になります。社会人成り立ての方は皆言われますが、毎日が勉強
です。私も三年目になりますのでそろそろ勉強から応用に移らなければと感じております。

4やりがいや充実していること・辛いこと
総合事業を取り扱っている以上、目的はお客様に農協のあらゆる分野を利用してもらうことが一番
だと自分は考えます。貯金、共済、農業と範囲が広すぎるため、覚えるだけでも精一杯です。です
が、覚えた分だけお客様が頼ってくれるわけですからやりがいがありますよ。特に増本君に聞きた
いから呼んでくれと言われたら信用してもらってるわけですから最高に気持ちが良いです。

5休日の過ごし方
友達と飲みに行ったり買い物に行ったりですね。TVゲームもしますしカラオケも行くので、学生
時代とそんなに変わったりはしないです。非常に私事なんですが、格闘ゲームは結構自信があり県
代表にもなったことがあります(笑)

6後輩へのメッセージ
何事も問題に直面した時に重要なのは、その置かれている環境や状態はさほど重要ではなく、それ
らに対する対策がとても大切だと言うことです。日常生活や仕事は勿論、人間関係に関する問題を
よく耳にしますが、どうしても状況、環境、境遇など既にあるものに対してが大きく取り上げられ
ていると思います。そういった視点を対策に向けるだけで、かなり変わってくるのではないかなと
思います。