公務員学科では、公務員試験に向けて日々勉強を行っています。

学生は「消防官になるんだ!」「学校事務になって、子供たちを支えたい!」という強い気持ちをもっているので、授業中はとても集中しています。

(みんな真剣そのものです)





その集中っぷりは授業をする教員にもひしひしと伝わってきますので、学生に負けることなくこちらも全力で授業をしています!

(緊張感のある空気なので、下手なことを言うとスベります)









本日は、数学は数学でも、ちょっと高校までの数学とは違う「数的推理」の分野を取り上げます。

「数的推理」は、単純に計算して答えが出る問題ばかりではなく、その名の通り「推理」が必要となる問題もあります。
公式がある訳ではないので、数学が得意な人が逆にハマってしまうことも・・・。

授業でやった問題をちょっと見てみましょう♪


【問題】
Aさんは100円玉を何枚か、Bさんは50円玉を何枚か持っています。
AさんとBさんの所持金の比は、5:2です。
BさんがAさんに50円玉を何枚か渡した結果、所持金の比は4:1になりました。
Bさんは、初めに少なくともいくら持っていたでしょうか?


【解答群】
1.250円
2.500円
3.750円
4.1000円
5.1250円


【正解】4 ←反転すると答えが出ます



どうでしたか?

公務員試験では幅広い分野から出題されますが、これからも合格目指して頑張ります!