1月7日(火)にくにびきメッセで冬休み明け全体集会を開催しました。


全体集会は長期休校の前と後に実施している、全学生と全教職員が一堂に集まる行事です。

校長先生の訓示や上級検定試験に合格した学生の表彰、学生のスピーチなどを行っています。



普段は学科やコースごとに学習している学生が全員集まることで、ビジ専の団結力や一体感を

高める役割も果たしています。



特に長期休暇明けの全体集会では毎回、講演会を実施しています。


今回は島根県産業人材育成コーディネーターの横田 学 様に

「ありがとう島根 故郷を幸せにする人になれ」という演題でご講演をいただきました。



就職活動をするにあたって、まず自分のことを語れるようになることの重要さや

企業情報の調べ方のポイントや企業理念の注目すべき点、

また学校では教わる機会の少ない社会の厳しい現実等をお話しいただきました。



実際に学生が意見を述べたり壇上で指導を受けたりする場面もあり有意義な時間になりました。