自分が理想とするアプリを作成できるエンジニアへ

point1
基本から応用まで資格取得への徹底サポート

初めてでも基礎的な知識からしっかりと身につけていくカリキュラムなので安心です。経験者はさらなるスキルアップを目指して上級資格取得に励んでいます。技術や知識だけでなく、IT業界で重要なコミュニケーション能力を向上させるために、「グール ープマネジメント」という授業を行っています。

point2
松江うまれのプログラミング言語Ruby教育の認定校

全国でも数少ないRubyアソシエーション教育認定機関として高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定 されています。さらに、学んだプログラミングの「知識」を「技術」として活用するために、学生たちが自分たちで考えたウェブサイト、デザイン、システムを企画・制作・開発•発表まで行っています。

point3
未来の自分をイメージ
IT企業との豊富な接点

学内での企業説明や地元でのIT系イベントヘの参加によって、自分自身の将来像をイメージする機会を多く持つ事ができます。長期休み前には2日間地元IT企業の方に「特別授業」を実施していただいています。12月には地元IT企業で働いているビジ専卒業生を集めて、仕事内容や学生時代の勉強・就職活動について話を聞く「卒業生座談会」を実施しています。

スマートフォンやタブレットの普及で、様々なアプリケーションが日々登場し、毎日の暮らしの多くの場面で必要不可欠な存在となっています。利用環境や種類・役割はますます多様化し、今後その活躍の場面は広がっていくことでしょう。スマホアプリについて幅広い知識と技術を楽しみながら学んでいきましょう!

モバイルエンジニアコース
自分が理想とするアプリを作成できるエンジニアへ

成長著しいスマホアプリ市場において、高いスキルを持った技術者の不足が叫ばれています。本コースでは、スマホアプリの開発に必要なプログラミング技術やシステム設計手法を基礎から学び、自作のアプリを公開できる技術力を身につけた即戦力となる人材を育成します。

モバイルエンジニアコース
幅広い知識と確かな技術を身につけ、イメージを形に

モバイルエンジニアコ ースは、身近になったスマートフォンやタブレットで利用され るアプリケーションを作成する力を習得します。スマホアプリで使われる最新の高度な技術を活用するためにプログラミングやデザインを基礎から学び、豊富な実習を通して末経験の人でも徐々に実践力をつけていきます。日々新しくなり続けるスマホアプリを自分自身で作成する力を付け、イメージを形にできるエン ジニアを目指します。

モバイルエンジニアコース
Class.1
国家試験の合格

IT業界で広く認知される情報処理技術者試験(国家試験)の合格に向けて、基礎から学びます。情報検定(J検)情報システム試験から学び、その後国家試験のレベル2に相当する基本情報技術者午前試験免除制度を活用するなどして、合格に向けて段階的に力をつけていきます。

モバイルエンジニアコース
Class.2
実機を利用した開発

スマホアプリの作成に必要なスキルを身につけるため、パソコン上で動作を確認するだけでなく実機で開発を行います。傾きセンサーや位置情報などの取得方法を学び、スマホアプリならではの技術を身につけることができます。

モバイルエンジニアコース
Class.3
システムデザイン

スマホアプリは利用される画面の大きさや操作方法が異なるため、使いやすいデザインを作成するための知識や技術が求められます。実習の中で優れたデザインに多く触れることで、デザインに詳しいエンジニアとして活躍の幅を広げます。

WEBパンフレット