Ruby言語の学習を通して IT実践力を伸ばす

point1
基本から応用まで資格取得への徹底サポート

初めてでも基礎的な知識からしっかりと身につけていくカリキュラムなので安心です。経験者はさらなるスキルアップを目指して上級資格取得に励んでいます。技術や知識だけでなく、IT業界で重要なコミュニケーション能力を向上させるために、「グール ープマネジメント」という授業を行っています。

point2
松江うまれのプログラミング言語Ruby教育の認定校

全国でも数少ないRubyアソシエーション教育認定機関として高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定 されています。さらに、学んだプログラミングの「知識」を「技術」として活用するために、学生たちが自分たちで考えたウェブサイト、デザイン、システムを企画・制作・開発•発表まで行っています。

point3
未来の自分をイメージ
IT企業との豊富な接点

学内での企業説明や地元でのIT系イベントヘの参加によって、自分自身の将来像をイメージする機会を多く持つ事ができます。長期休み前には2日間地元IT企業の方に「特別授業」を実施していただいています。12月には地元IT企業で働いているビジ専卒業生を集めて、仕事内容や学生時代の勉強・就職活動について話を聞く「卒業生座談会」を実施しています。

Rubyコース
Ruby言語の学習を通してIT実践力を伸ばす

高度情報化社会の現代、エンジニア(開発者)にはより高度なスキルや柔軟な発想力が求められています。本コースでは、エンジニアに必要な高い応用力 、最新のIT技術の利用方法だけでなく、社会人として必要なコミュニケーション能力を身につけ、即戦力となる人材を育成します。

Rubyコース
システム開発実習等を通してITの実践経験を積み重ねる

Rubyエンジニアコ ースは、地元で求められているRubyエンジニアとして必要な力を豊富な実習を通して学んでいきます。システム開発に求められ るプログラミング言語の知識、スキル以外にもブラウザやOS、データベースなど幅広い分野の技術を身につけることができます。また、Ruby技術者認定試験の取得に向けて1年次から取り組むことでRuby の仕組みについてより深く理解することができます。最初は単純なプログラムを動かすのに苦労する人でも、教員の充実したサポートと目標を同じく するクラスメイトとの助け合いで品質の高いシステムを作ることができるようになります。

全国でも数少ない教育認定校として高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されています。

Rubyコース
Class.1
国家試験の合格

IT業界で広く認知される情報処理技術者試験(国家試験)合格に向けて、基礎から学びます。情報検定(J検)情報システム試験から学び、その後国家試験のレベル2に相当する基本情報技術者午前試験免除制度を活用するなどして、合格に向けて段階的に力をつけていきます。

Rubyコース
Class.2
実践的な開発実習

プログラミングに必要な知識を実際に手を動かしながら学んでいきます。学生自身でシステムやアプリケーションを設計・開発することで、IT企業ですぐに役立つ実践的なスキルを身につけることができます。

Rubyコース
Class.3
Rubyの活用

島根発のプログラミング言語「Ruby」について、基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。Webアプリケーションで多く採用されている「Ruby on Rails」を活用し、実用的なWebアプリケーションの構築を目指します。

WEBパンフレット