Rubyコース
Ruby言語の学習を通してIT実践力を伸ばす

高度情報化社会の現代、エンジニア(開発者)にはより高度なスキルや柔軟な発想力が求められています。本コースでは、エンジニアに必要な高い応用力、最新のI T技術の利用方法だけではなく、社会人として必要なコミュニケーション能力を身につけ、即戦力となる人材を育成します。

 

Ruby全国でも数少ない教育認定校として高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されています。

システム開発実習等を通してITの実践経験を積み重ねる
システム開発実習等を通してITの実践経験を積み重ねる

Rubyコースは、地元で求められているRubyエンジニアとして必要な力を豊富な実習を通して学んでいきます。システム開発に求められるプログラミング言語の知識、スキル以外にもブラウザやOS、データベースなど幅広い分野の技術を身につけることができます。また、Ruby技術者認定試験の取得に向けて1年次から取り組むことでRubyの仕組みについてより深く理解することができます。最初は単純なプログラムを動かすのに苦労する人でも、教員の充実したサポートと目標を同じくするクラスメイトとの助け合いで品質の高いシステムを作ることができるようになります。

本校の特色ある学習
国家試験の合格
 

IT業界で広く認知される情報処理技術者試験(国家試験)の合格に向けて、基礎から学びます。情報検定(J検)情報システム試験から学び、その後国家試験のレベル2に相当する基本情報技術者午前試験免除制度を活用するなどして、合格に向けて段階的に力をつけていきます。

実践的な開発実習
 

プログラミングに必要な知識を実際に手を動かしながら学んでいきます。学生自身でシステムやアプリケーションを設計・開発することで、IT企業ですぐに役立つ実践的なスキルを身につけることができます。

Rubyの活用
 

島根発のプログラミング言語「Ruby」について、基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。Webアプリケーションで多く採用されている「Rubyon Rails」を活用し、実用的なWebアプリケーションの構築を目指します。

実践的なビジネススキルを身につけた
運営・企画・管理のスペシャリストを育成
1年次カリキュラム
(両コース共通)
専門教育科目
  • テクノロジ分野Ⅰ
  • テクノロジ分野Ⅱ
  • マネジメント分野Ⅰ
  • マネジメント分野Ⅱ
  • ストラテジ分野Ⅰ
  • ストラテジ分野Ⅱ
  • プログラミング基礎Ⅰ
  • プログラミング基礎Ⅱ
  • HTML・CSSⅠ
  • データベース技術Ⅰ
  • データベース技術Ⅱ
  • WebデザインⅠ
  • WebデザインⅡ
  • JavaScriptⅠ
  • 検定対策Ⅰ
  • 総合実践Ⅱ
  • 総合実践Ⅰ
キャリア教育科目
  • ビジネススキルⅠ
  • キャリア・演習Ⅰ
教養教育科目
  • 情報リテラシーⅠ
時間割例(1年次)
   
1 9:30~11:00 テクノロジ分野Ⅰ テクノロジ分野Ⅰ ストラテジ分野Ⅰ 検定対策Ⅰ プログラミング
基礎Ⅰ
2 11:10~12:40 WebデザインⅠ HTML・CSSⅠ プログラミング
基礎Ⅰ
ビジネススキルⅠ マネジメント
分野Ⅰ
  12:40~13:25 昼休み
3 13:25~14:55 プログラミング
基礎Ⅰ
データベース
技術Ⅰ
マネジメント
分野Ⅰ
プログラミング
基礎Ⅰ
 
4 15:05~16:35   総合実践Ⅰ 総合実践Ⅰ    
第1コンピュータ実習室 第4コンピュータ実習室
2年次カリキュラム
専門教育科目(Ruby・スマホアプリ共通)
  • HTML・CSSⅡ
  • UI/UXⅠ
  • UI/UXⅡ
  • LinuxⅠ
  • LinuxⅡ
  • jQueryⅠ
  • プレゼンテーションⅠ
  • プレゼンテーションⅡ
  • プログラム研究Ⅰ
  • プログラム研究Ⅱ
  • 総合実践Ⅲ
  • 総合実践Ⅳ
  • 国家試験対策Ⅰ
  • 国家試験対策Ⅱ
  • 卒業研究Ⅰ
  • 企業体験実習Ⅰ
専門教育科目(Ruby)
  • RubyⅠ
  • RailsⅠ
  • RailsⅡ
キャリア教育科目
  • キャリア・演習Ⅱ
インターンシップ受け入れ先企業数
松江 19社 出雲 5社 米子・境港 3社